英会話を子どもに身に付けさせるには

グローバル時代に必須な英会話能力

正しい発音を聞き取り、発音する事がキモ

私達は幼い頃から母国語である日本語を周りから聞く音を真似し、正しい発音を身に付ける事を自然と行って言葉を増やしていきます。正しい発音を身に付ける事が会話上達のキモ、コツとなるのです。
英語圏でも、小さな子どもが英語を習得する為にフォニックス(Phonics)と呼ぶ正しい発音を子どもに学ばせる事から始めます。
英語はA~Zのたった26個のアルファベットで成り立ちます。ですからその26個に与えられている発音は複数に及びます。
CAT(キャット)のCは「キ」と発音し、CAKE(ケーキ)のCは「ケ」と発音します。同じCでも発音が変化するのです。
このアルファベットに応じて様々な発音を覚えるフォニックスというコツはわらべ歌の様に音楽に合わせて歌いながら音で楽しんで身に付けさせていきます。
大体5~6歳位から始めるフォニックス。子どもたちはお歌を楽しく覚えながら正しい発音を身に付けていく事が出来ます。

英会話教室・教材、動画配信サイトの活用

多くの子ども向け英会話教室や英会話教材、動画配信サイトでは、正しい発音から学びを始める為にフォニックスからスタートします。
どれも絵や動画を見ながら子どもが好む旋律に合わせて歌い、音のシャワーを浴びながら正しい読み方とそれぞれの発音の違いを身に付ける事から始めます。
そこには英語を学ぶ事は遊ぶ事と同じ位楽しい事だと子どもが理解する面白さがあります。
絵や動画等の教材を用いる事で、同時に発音を覚える為に使われた単語の綴りとその意味をビジュアルで理解していく事が出来ます。発音の違いを学びながら基礎単語を習得していくという訳です。
子どもに英会話を身に付けさせる為に教室や教材を選ぶ際は、この英会話を学ぶ最初の大切な導入部分をいかにお子さんが楽しめる環境を選んであげられるかにかかっていると思います。お子さんにとって楽しいスタートが切れると良いですね。


Shear!

B!