英会話を子どもに身に付けさせるには

知っている言葉(英単語)を増やす

単語を増やして英語の絵本を読もう

フォニックスでアルファベットの発音の違いを習得出来たなら、今度は英単語を繋げながら文章を読むステップに入ります。ABCDをエービーシーディーと読んでいるだけでは理解しえなかった単語が正しい発音を覚えた事で、子どもにとってしっかりとその意味を理解出来る単語になりました。
今度はその単語を繋げていく事で文章として理解出来る様にしていきます。読める様になればそれを口にして会話出来る様になるのです。
多くの子ども向け英会話教室や英会話教材ではフォニックスを学び始めると同時期に簡単な絵本を声を出して読み始めます。子どもが文章を読める様になる為には最初は絵本である必要があります。そこに書いてある内容がビジュアルでも描かれている事でわざわざ日本語に置き換える事無くその意味を理解して、どんどん単語を増やしていく事が出来るからです。

ゲームを交えて身に付けていこう

子ども向け英会話教室や教材は机の上だけでのレッスンでは留まりません。日本のかるたの様なカードゲームやビンゴゲーム、時にはダンスやスキットと呼ばれる英語劇を取り入れたりもします。子どもはゲームを苦にする事は余りありませんよね。むしろ日本語だともじもじしてしまう子でも覚えた単語を生かせる場としてゲームやダンスを生き生きと楽しむ子が多いそうです。体を使う事で恥じらっている場合ではなくなるのかもしれません。ゲーム等を楽しみながら英語を口に出さなければならない環境を子どもに沢山与える事で、英会話の楽しさを味あわせながら上達させる事が出来るのです。
嫌いな事はなかなか続かないものです。続かなければ英会話が出来るというゴールには辿り着きません。教室や教材によってその特色は様々ですからまずは多くを体験させてお子さんにあった環境を見つけてあげましょう。


Shear!

B!